FC2ブログ

スポンサーサイト スポンサー広告

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「Wet and Messy」なフリーペーパー「clubwam!」、大阪中崎町のnearly equal gallery/Guignolに置いていただきました 【freepaper】clubwam!

07.26.2012 Comment:0
「Wet and Messy」なフリーペーパー「clubwam!」、大阪中崎町にあるnearly equal gallery/Guignol(ギャラリー/雑貨店)に置いていただくことになりました。

nearly equal galleryには、一方的な縁があります。昨年、大阪で行われたある展示。Wet and Messyや拘束的なテイストが入ったその展示のクローズド・パフォーマンスを、東京にいたaiはUstreamで観ました。美しく、表現として成立していました。フェティッシュすぎて、Ustreamを最後まで観る事ができないほどでした。
それが、nearly equal galleryのオープニング・イベントでした。
隠れ家で、同志と楽しむ非日常。フェティシズムの楽しみ方とはそういうものだと思っていました。楽しいけれど、決して光は射さないものだと。
だけどそのパフォーマンスは、フェティシズムを表現として、他者と共有するものとして行われているように感じました。「ai」の活動をはじめてから、きっかけや転機は大小いろいろあったけれど、このパフォーマンスに出会ってから、願わくば、フェティシズムを日常に溶け込ませたい、と思うようになりました。

昨年は大阪も表現者たちも遠い存在だったけれど、少しずつ点が線となり縁となり、nearly equal galleryにたどりつきました。
たどりついたギャラリーはとても可愛らしい場所でした。1階はフランス買い付けの雑貨や作家さんのアクセサリーなどが買える雑貨店「Guignol」で、clubwam!はこちらの雑貨店に置いてもらっています。2階がギャラリー。一見(!?)乙女の夢のような空間ですが、オーナーのヤツタニタイゾウさんはこういうテイストも興味津々とのこと。お話していると「さりげない、日常的なシュール、フェティシズム」というあたりに共通のキーワードを感じました。ちょうど今行われている個展も、童話のようなかわいさの中にWet and MessyやSMっぽい要素が入った、とてもシュールな絵画展です→
いろいろと発信の可能性も考えられそうな素敵な居場所がまたひとつ、できました。

0726_01.jpg
0726_02.jpg

現在「clubwam!」を手に取っていただけるのは以下の9つの場所です。

中野ベース(中野/東京)
Night Gallery Cafe CROW(六本木/東京)
猫柳 Latex Gallery(難波/大阪)
salon 夕顔楼(難波/大阪)
Secret Bar H(天満/大阪)
BAR プリシラ(松屋町/大阪)
SMサークルopium(大阪)
nearly equal gallery/Guignol(中崎町/大阪)
画廊喫茶GIGI(北野/神戸)

「Wet and Messy」なフリーペーパー「clubwam!」、神戸北野の「画廊喫茶GIGI」に置かせていただきました 【freepaper】clubwam!

07.16.2012 Comment:0
「Wet and Messy」なフリーペーパー「clubwam!」、神戸北野にある画廊喫茶GIGIに置いていただくことになりました。

ちょうどお店に居合わせたマジシャンの方に素敵なマジックを見せてもらい、お店の看板大型犬アルファ君とじゃれ合い、美味しいカルーア・ラテをいただき、現代美術家でもあるマスターの凛さんと楽しいおしゃべりをしていたら、すーっと自然な感じにフリーペーパーをお店に置いていただくという話に。突然の展開に本日は手持ちがなかったので1部ずつマスターにお渡し。
ジャンルを問わず展示やイベントなど幅広い表現者に表現の機会を与え、そして交流の場になっているお店。初めて訪れてもあたたかい居心地の良さを感じる魅力的なお店です。マスターとアルファ君にすっかり惚れちゃったので、増刷したclubwam!を持って近々また伺います。

0716_01.jpg
0716_02.jpg

今日は、スタッフがひとり増えたclubwam!の「クラブ活動」1回目でもありました。次号のアイディア出しと、マスターにフリーペーパーをお渡しして残りがなくなったので増刷。ふたりで裁断&折り作業をしたらあっという間にできあがります。やっぱり誰かと何かを作ることは楽しい。Rちゃんありがとうっ。

現在「clubwam!」を手に取っていただけるのは以下の8つの場所です。

中野ベース(中野/東京)
Night Gallery Cafe CROW(六本木/東京)
猫柳 Latex Gallery(難波/大阪)
salon 夕顔楼(難波/大阪)
Secret Bar H(天満/大阪)
BAR プリシラ(松屋町/大阪)
SMサークルopium(大阪)
画廊喫茶GIGI(北野/神戸)

MESSYLIVE2 SIDEREPORT #05:ステージ6~みんなでパイ投げ大会!!!パイパイパイでぽいぽいぽいぽぽいぽいぽぴー!!! 【event】Wet and Messy

07.08.2012 Comment:6
最後はみんなでパイ投げ大会!シェービングクリームを紙皿に盛っていきます。出来上がったパイ達はこんな感じ。70皿くらい作ったかな?

0708_04.jpg

作っていると参加者の方たちから早く早く!という声。テンションMAXの皆さま、渡すとすぐに投げちゃう人が続出。合図があってから開始ですよ!
ぽいぽいぽいぽぽいぽいぽぴー!の曲でなぜか輪になり踊りだすみんな。なんか体育祭でこういうのあったよね。

全員の手に2皿ずつ皿が渡ったところで足立監督からはじまりの合図!隣の人にパイをばちーん!そこからは、もう、めっちゃ楽しい時間。シェービングクリームだから、一度ぶつけたパイの泡を集めてもう一度お皿が作れるので、パイ投げはエンドレスで続きます。

0708_01.jpg

0708_02.jpg

一度真っ白になっちゃったら、女も男も、年齢も、普段何してるかとか、仲がいいとかわるいとか、そんなの何も関係ない!あの人にもあの人にもパイをぶつけちゃいました。

顔がよくわかんないから会話も至近距離。女の子ならそのままキスしちゃったり。いろんなところでハグやキス!男性同士でチクビさわりあってたり、aiは彩様と長時間のディープ・キス。そんなのもみんなパイ顔だからさ!全部滑稽!
足立監督も書いているけどほんとに「大人の学園祭」という言葉がぴったりのパイ投げ大会でした。

0708_03.jpg

そしてシャワータイム。まずは女の子がバスルームへ。洗いながらどうしてもガールズトークが炸裂しちゃって、お待たせしてしまった男性の皆さま、大変失礼いたしました。
後片付けも参加者の皆さまにご協力いただきました。いつも本当にありがとうございます。皆さまのご協力なしでは成り立たないライブなのです。

最後にみんなでご挨拶して、しばらく会場で歓談、そして「フェチトーク飲み会」に突入(移動はまだ大阪歴の浅いaiに変わって参加者の方が先導してくれました。ありがとうありがとう 笑)。
皆さんとお話ができて本当に楽しかった!

誰がが「今日は平和な1日だった」って言ってくれました。
「MESSYは世界を救える」、2年前、初めての実践オフ会の打ち合わせのときに足立監督が言った言葉を思い出しました。ちいさなことだけど、こうやって誰かが「平和な1日」というのを持つことで、つながっていくんじゃないかって。大げさなことではないけれど、とにかく皆さんに楽しんでもらえたのがとっても嬉しいです。


とてもお礼が言いたいのです。

東京をはじめ、遠方からはるばる来てくださった方。
いつもありがとうございます。繰り返し会えるのが本当に嬉しいです。皆さまは、aiにとって大切な「同志」なのです。これからもよろしくお願いします。

勇気を出して一歩踏み出して来てくださった方。
aiもずっとマイノリティであり、劣等感そのものであったこの感覚を、先輩達によって支えられ、多くの仲間との出会いによって救われてきました。同じように誰かが救われるなら、ちょっとだけでも楽になるなら、元気になれるなら。初めて来てくださった方からの「楽しかった」「来て良かった」は本当に嬉しかったです。

MESSYの事はよく知らないけど、興味を持って来てくれた方。
MESSYの事を知らない人が興味を持って来てくれたのも、今回とても嬉しかったことです。反面、そういう人たちに楽しんでもらえるかな?というのも心配事でした。でも、楽しんでいただけたようです。大阪という土地柄か、皆さん「楽しまなきゃ損!」という感じで。
そして大阪のaiの友人たちも来てくれました。普段から接している人に見てもらうのは照れくさかったけれど、それだけ、aiにとってはもう「後ろめたい事」ではないのです。

一緒に体を張ってくれたモデルさん。
ミホちゃん、あづさちゃん。今回競演できて本当に嬉しかったです。マイノリティな表現への追求・観察眼など、勉強させてもらえるとことがいっぱいありました。ふたりともめちゃくちゃカワイイし、やさしいし、魅力的なモデルさん。これからの活躍を応援したいし、またご一緒できたら嬉しい。今度は一緒にMessyしたいです(笑)。そして寧々ちゃん。ご一緒したいです!(笑)

opiumの皆さん。
彩さん、スタッフの皆さま。練習・当日とも本当にありがとうございました。奇跡のような縁が重なって出会えました。皆さまと出会えたのは縁でした。あたたかい場所。自分の家のように寛げながら、非日常感を味わえる、大阪での大好きな居場所。彩さんと競演できて光栄でした。SMもMessyも、「愛」が大事だってあらためて思いました。また近々カレーを食べに伺います(笑)。

himajin監督。
長い準備期間、数回の打ち合わせ、そして本番、きめ細かくフォローしてくださりありがとうございました。当日の「忘れ物があったら言ってください」というメール、おかんみたいで爆笑、きっと忘れません(笑)。感謝しても感謝しきれない。一緒にライブを作ることができて本当に光栄でした。ありがとうございました。
足立監督とは対象的に(!?)クールな印象だったhimajin監督が、だんだんあるく!ワールドに巻き込まれて(!?)「熱い人」になっていく様子を見るのがおもしろかったです。これからもよろしくお願いします。

足立監督。
貴方の人徳はマジでヤバいと思います。


今までは「自分たちでがんばってイベントをやる」という感じが大きかったのですが、今回は本当に、周りの皆さまに「作ってもらった」という感覚が強いです。


これからも、どんな形になるか分からないけれど、楽しい大人の学園祭を、Wet and Messyを愛する人そしてフェチなことを愉しみたい人のための楽園を、作っていけたらいいと思っています。

今回はこれでおしまい。からの~~~、次のなにかしらの悪だくみに続きます☆

0708_05_.jpg


※追伸:
去年のMESSYLIVEvol.1のときに、足立監督はこう宣言しました。「来年のライブは、ニューヨークで開催します」
叶ったかもしれないですよ。ライブ会場のある場所は、「NYC」って呼ばれてるんです。大阪市西区→にしぃく→NYC。うつぼ公園っていうセントラルパークもあるしね...

MESSYLIVE2 SIDEREPORT #04:ステージ4&5~なんだかもうめっちゃカオスになってきた!!! 【event】Wet and Messy

07.07.2012 Comment:0
ここまでの3ステージは、ステージでパフォーマンスを行ってそれをお客さんに見てもらうライブ形式でしたが、ここからは、お客さんも参加できちゃうコーナーに。

彩様とのステージを終えてシャワーから会場に戻ると、そこにはスゴイ光景が...。
女の子が3人、泥んこ&白ペンキでドロドロになってるではないかッ。
3人ッ???えッ??誰誰???何と参加者の女の子が飛び入りでステージに上がってくれたらしい。
お客さんのボルテージもめっちゃ上がってました。そして女の子たちが楽しそう!この光景は、aiがずっと求めていたもの。女の子とこのフェチを楽しみたい、っていうのはずっとずっと思ってたこと。
会場のすみっこから眺めながらaiはひそかにドヤ顔をしていたのですが、ステージ上の足立監督はその100倍ほどのドヤ顔をしていましたとさ。

0707_01_.jpg

アンド、寧々ちゃん、ありがとう☆

* 
このあたりから、汚れたいお客さんは汚れていくし、養生してあるものの会場全体が汚れてきて、何がなんだか分からないような感じに。
女の子たちの狂乱ステージに引き続いて「MESSYワークショップ」がはじまります。ステージでは槙村先生の「白塗りワーク・ショップ」、足立先生の「アルジネート・ワークショップ」、バスルームではHIROKI先生の「生クリーム・ワークショップ」。お客さんはそれぞれ見たいものを見て撮影して、というスタイルです。

槙村先生の手によってどんどん白くなっていくあづさちゃん。もうとってもとっても素敵でした。

0707_02.jpg

塗り進んでいくのをチラチラ眺めていると、aiの顔には足立先生とジュウ助手の手によってアルジネートが被せられ視界はフェードアウト。見た目はかなりシュールですがすぐに固まって中には少し余裕ができます。被り物をしている感覚。

0707_03_

この姿で綺麗な白塗りのあづさちゃんに抱きついたりしました(笑)。
ハヤクニンゲンニナリターイ。

同時進行で、バスルームはものすごいカオスなことに。
恒例・生クリーム部長HIROKI氏のステージです。カラフルなパイにまみれるミホちゃんと寧々ちゃんとリカちゃん。
パイとかどさくさに紛れてトマト・ピューレとかなんかいろんなものにまみれている参加者の皆さん。
パイもカラフルで、もう誰が誰だかわかんない状態。

0707_04.jpg

カオス。たまんなく愉快。参加者33人のテンションは頂点に達しつつあり...狂乱パイ投げ大会に続く!

Photo by 槙村瞭 , ゆう
MESSYLIVE2

MESSYLIVE2 SIDEREPORT #03:ステージ3~SM&MESSY☆結城彩×ai 【event】Wet and Messy

07.06.2012 Comment:0
公式レポートもaiが書いたので内容が重複しますが、ご了承ください。
彩さん本当にありがとう。大好きです。


怪しげな赤い照明の中で警報が鳴り響く
不安と好奇心が疼く

黒い仮面が被せられる
身体、右足、左足と、縛られる
そしてM字開脚の状態で吊るされる
吊るされた状態で、くるくるまわる
黒い蝋燭が垂らされる
身体に、顔に、容赦なく
「あたたかい」
M字開脚吊りから身体を起こして
うつ伏せ吊りになる

女王様は時折彼女の耳に顔を近づけて囁く
きっとみんなには聞こえない
2人だけの会話

縄が解かれる
女王様が彼女に囁く
「汚したくなっちゃった」

打ち合わせになかった物語が始まる
女王様は彼女にシュークリームを突き出す
「犬のように、四つん這いで食べなさい」
四つん這いになって皿に顔を近づける
頭を鷲づかみにされシュークリームに顔を突っ込まれる
「ウッ」と思わず声が漏れる

女王様はヒールでシュークリームを踏み潰す
彼女の顔も踏む
物のように
ブーツを脱いで、素足でシュークリームを踏み潰す
自らの足を舐めるように命令する
彼女は虚ろな目で女王様の足を舐める

ステージ中央に正座するように言われる
顔に包帯が巻かれる
身体とステージが繋がれる

ブラックライトが点灯する
包帯が怪しく光る
幾つもの光るライン
蛍光の蝋燭が垂らされる

女王様が彼女に囁く
彼女は笑う

0706_03_.jpg

Directed by 結城彩
Performed by 結城彩×ai
Photo by 槙村瞭
MESSYLIVE2

MESSYLIVE2 SIDEREPORT #02:ステージ2~PAINT MESSY☆himajin×ミホ×あづさ 【event】Wet and Messy

07.04.2012 Comment:0
昨日UPしたステージ1の事を少し。
昨年渋谷で行ったMESSYLIVE vol.1でもオープニングステージに出演したのですが、ライブという試みが初めてだったので、皆さんの度肝を抜くべく、足立監督とかなり細かい打ち合わせをして挑みました。
今年はほとんど打ち合わせをしませんでした。手を抜いたんじゃなく、最近MESSY(フェティシズム)は「絆」だと思っていて、それをステージで表現しようと思ったのです。音楽と大まかな流れだけを決めて、お互いのイメージを本番のステージで合わせるという試み。スタジオあるく!の世界とどれだけ絆が出来ているのか。そしてそれを、その場所にいる皆さまとどれだけ共有できるのか。
いかがだったでしょうか?

ステージ2はシャワー中でステージを観ていないので、舞台裏を。
ミホちゃんとあづさちゃんとは、打ち合わせや撮影現場で何度かお会いしていました。特に印象的だったのは、「Route 207 Revisited×monotonous package+」の作品「パイ投げ体験その11 コント編」の撮影。ふたりはモデルさんで、aiは使えないADとして参加したのですが(「撮影」の大変さ痛感しました。もちろん面白さも。)ふたりから飛び出すアイディアがすごくユニークで、アドリブもどんどん入れていって、「みんなで」作品を作っていくという現場でした。なので彼女たちと競演できるのを楽しみにしていました。

himajin監督のステージ。どんな感じになるのかな?とワクワク。フリートークのMESSY、という新しい感じのステージ。お客さんとお話しながら和やかMESSY。真っ白ペイントと泥色ペイント。キュートでファニーで、エロティック!見たかったなァ。


0704_02.jpg

0704_01.jpg

Directed by himajin
Performed by ミホ×あづさ
Photo by 槙村瞭 , ターボ
MESSYLIVE2

シャワータイムor同時進行のステージは貧相なレポートになりますが、このまま続けていきます。スタジオあるく!の公式レポートと一緒にお楽しみくださいませ。

MESSYLIVE2 SIDEREPORT #01:ステージ1~MESSY&SM☆足立駿介×ai 【event】Wet and Messy

07.03.2012 Comment:0
暗闇



大好きな「ナナとカオル」の曲
顔を上げる
首につけられた赤い首輪に
麻縄が結わえられる

ぐいと引っ張られて
客席に連れて行かれる

お客さんとハイタッチしながら歩く
ぐいと引っ張られて
四つん這いでステージに戻る

ストレッチフィルムで全身を拘束されて
麻縄を巻きつけられる


ストレッチフィルムと麻縄を解かれ
ローションが入ったボウルが渡され

手に掬う
ねっとりとした塊が落ちる
制服を脱がされてスクール水着になる

ローションが身体を包む

とろとろ

白いペンキが降ってくる
あっという間に視界が閉ざされる

閉ざされた世界
音楽は激しさを増す

幾度も幾度も包まれる
止め処なく

感覚だけになる

確かなのは
君の手の感触だけになる

0703_02_.jpg

Directed by 足立駿介×ai
Performed by 足立駿介×ai
Photo by 槙村瞭 , ターボ
MESSYLIVE2
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。