FC2ブログ

スポンサーサイト スポンサー広告

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「Wet and Messy」なフリーペーパー「clubwam! vol.10」が完成しました 【freepaper】clubwam!

01.20.2015 Comment:0
0120_2015012022171069b.jpg

「Wet and Messy」なフリーペーパー“clubwam! vol.10”が完成しました。

clubwam! vol.10 contents

・inteview:フェティッシュと楽しさがいっぱい!槙村瞭監督18年ぶりの新シリーズ「Be the Canvas!」
  槙村瞭(Be the Canvas!)

・WAM+(ワムプラスアルファ)#05 SCIENCE+WAM
  wambrid×北見えり×赤根京×佐藤聖崇(Z×R)

・MESSY監督のウラバナシ。#02
  足立駿介(スタジオあるく!)×真崎寧々

・MESSYGIRLS #07 #08
  HIROKI(生クリーム部長) / inuso(ENSKINIA)


まずは、1/31(土)に行われる、スタジオあるく!新年会にて配布させていただきます。以降、お世話になっているショップなどにも置かせていただく予定です。※最新号の設置のお知らせはtwitterで行っています。

創刊から4年弱、おかげさまで10号を迎えることができました。楽しみにしてくださっている皆さま、ありがとうございます。(創刊からずっと行っていたWeb配信は、配信が追いつかず一時休止しておりますが、また再開できるようになりましたらブログにてお伝えします。)再開しました!こちら。

制作にあたり、インタビューや作品提供を快諾してくれた皆さま、ありがとうございました。また今回はカンパをいただき、誠にありがとうございました。全て制作費に充てさせていただきました。
小さな紙媒体ではありますが、これからも永く発行していけたらいいなあと思っています。

ぜひお手に取っていただきたいと思います。

Born this way!
Stay Messy till the end.
No messy,no life.

Love,
clubwam!

槙村瞭監督による新作シリーズ「Be the Canvas!」DVD第一弾発売です 【etc】report・review

01.13.2015 Comment:0
0113.jpg

“Be the Canvas!”
絵の具を塗って作品になろう! ─「不思議」と「楽しい」が同居する非日常へ、ようこそ。
監督:槙村瞭 モデル:mino ジュピター出版

槙村瞭監督による新作シリーズ「Be the Canvas!」のDVD動画第一弾が発売になりました。引き続きパッケージを担当しています。
詳細・購入はこちらの特設サイトから。
http://www.netjp.co.jp/color/

『凍蝶圖鑑』東京上映記念展「bang or crunch」終了しました 【exhibition】clubwam!

01.12.2015 Comment:0

0112.jpg

Night Gallery Cafe CROWで行われていた『凍蝶圖鑑』東京上映記念展 『bang or crunch』が終了しました。足を運んで下さった方、ありがとうございました。
素晴らしい面々とご一緒させていただく展示で、私の作品は、正直「浮いてしまうのではないか」と思っていましたが、不思議と(?)しっくり馴染んでいて、「凍蝶らしい」展示だったのではないかと思います。

10日(土)にわずかの時間ですが在廊させていただきました。そのとき、私の元職場の先輩に前情報全く無しで来てもらったのですが、展示を観て「ハードコアな音楽が聴こえて来るようだ」と感想を言っていたのが印象に残りました。

CROWの次回展示もまさに「凍蝶」のひとりである西牧徹さん。この流れ、楽しみです。

映画『ITECHO 凍蝶圖鑑』東京上映初日の舞台挨拶に参加しました 【exhibition】clubwam!

01.11.2015 Comment:0
出演しているドキュメンタリー映画『ITECHO 凍蝶圖鑑』が1/10(土)より新宿武蔵野館にて上映が始まりました。初日の昨日、田中幸夫監督、出演者の大黒堂ミロさん、_underlineさんと一緒に舞台挨拶に登壇させていただきました。観に来て下さった方、ありがとうございました。

0111_01.jpg

_underline/ai kotoni/大黒堂ミロ/田中幸夫監督 (写真:早川由美子監督)

顔見せできないし、お客さまの様子も分からないのでちょっと迷いましたが、ゼンタイを着て挨拶しました。纏うことで私自身がリラックスできたし、場もちょっと和んだ(?)ので、着て良かったかなあと思います。

挨拶でも話しましたが、映画は主にセクシャルマイノリティを取り上げていますが、登場人物が抱えるもの、また話す言葉には、多くの人が持っている何かしらのマイノリティの部分に共通する部分があると思います。改めて、多くの人に観ていただきたい映画だと感じました。映画は23日(金)まで上映しています。

追記。舞台挨拶の様子がYouTubeにアップされました



0111_02.jpg

また、現在発売中の雑誌「anan」の「Entertainment News」に映画が取り上げられており、記事内にポートレイト作品を使っていただきました。ananらしい軽快な文章で映画の解説がされています。コンビニにもきっと置いてありますので(笑)、よろしかったらご覧ください!
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。