FC2ブログ

スポンサーサイト スポンサー広告

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

通常営業に戻ります。 【etc】report・review

06.07.2011 Comment:10
“おしゃれテイスト”なんて本当はクソくらえなんですが、通常営業に戻ります。

まずは宣伝。スタジオあるく!のDVDの一部が、アキバコムさんの店頭と、フェティッシュワールドさんの通信販売で購入できるようになりました。これからもマニアックな作品を、aiもいちファンとして期待しています。

フェティッシュワールドというサイト、はじめて行ってみたのですが、フェチの種類の豊富さと内容に驚愕しました。自分のことは棚に上げて、ポカーン(笑)。
「ウェット&メッシー」カテゴリ内の作品の多さにもびっくり。「アンダーウォーター」も同じカテゴリなんですね。「アンダーウォーター」はご近所フェチとはいえ、ツボはもしかしたら「全く違う」かもしれないけれど、当事者としてそう思うのであって、他のカテゴリと比較すると、やっぱり仲間なのかなあと思ってしまいます(笑)。
フェチの世界は奥深いとあらためて思った、フェティッシュワールドな旅でした。

aiは「clubwam!」のvol.2(MESSYライブ特別号)を制作したいなあと思っていますが、自分の出演したイベントをどう記事にしたらいいんだろ。皆さまが忘れた頃にポコッと発行しようと思います(笑)。

最後に、ステージ1こぼれ話(ライブを観た方にしか分からない話題でゴメンナサイ)。
使用した素材やSMチックな演出は足立監督の発案ですが、aiはaiでイメージしているものがありました。それは嶽本野ばらという作家の小説「タイマ」に登場するストリッパー・琴乎あい。ロリータファッションを纏って、大音量のニルヴァーナで踊り狂いながらストリップをする滅茶苦茶な子です。
ちなみに琴乎あい(ことにあい)という名前は、ニルヴァーナのヴォーカル、カートコバーンの妻・コートニーラブを文字っています。「ai」という名前も、実は彼女をちょっと意識しています。(また、物語の中であいが踊るストリップ劇場はたぶん、MESSYライブの会場となったホテルの目と鼻の先です。)

オシャレな演出を目指したのではありません。放送禁止な(!?)ポルノにならない様にするための表現としてのイメージです。個人的なイメージなので、どう感じたのかは、監督も違うだろうし、皆さまもひとりひとり違うと思います。
同じステージを共有しつつ、それぞれの脳内(妄想)は全然違う、というのもライブのおもしろさのひとつだったんじゃないかなあと思ったりします。

しゃべり過ぎかな(笑)。とにかく「本能」で楽しんでいただいていれば「本望」(笑)。

0607.jpg

ニルヴァーナのキャラクター、スマイル君を手にペイントした女の子。


0607_02.jpg

ついでに、UWなニルヴァーナも追加(笑)。

コメント

コバーンさんまで
コバーンさん。

ヒトのブログのコメント欄で何しとるげ(笑)。

というのは冗談で、どんどん交流の場としてご利用くださいませ!
槙村師匠の事はほんと教授と呼びたいですね。いくら聞いてもどんどんお話が出てきます。

有名な赤ちゃんジャケットもUWだし、ニルヴァーナ本人たちのUW写真もあるのです(記事に追加で貼った 笑 ギターもUWしちゃってるとこがちょっとグッとくる)。
海外のバンドマンはよくペンキ撒き散らしたりしてるのでロックだなーと思います。
  1. 2011/06/13(月) 21:35:16 |
  2. URL |
  3. ai #OaNbtvYE
  4. [ 編集 ]
プロフェッサー
と呼ばせていただききたい。
いやaiさんじゃなくてね(笑)

槇村教授のお話も、
先日もっと伺いたかったですねー
いろいろと残念。
着衣派のお話もいずれ是非。

ちなみに今を遡ること十数年、
中野にて、レジを挟んで対峙したと記憶しております。
(単に店員さんとお客)
別の方でしたでしょうか?

と、人のブログでなにしてると
お叱りを受けそうなのでこの辺に。

ニルヴァーナ。
私もそれほど詳しくはないんですよ。
ただ、有名なジャケット(赤ちゃんのやつね)もUWですし、
後から調べたら、グランジってジャンルも、
「汚れた、薄汚れた」
ていう意味合い(ウィキ調べ)があるようでしたし…
aiさん本当はチョー詳しいんでは?(笑)

ストレスゼロで笑顔ですね、良かった。
それが一番!
  1. 2011/06/13(月) 01:03:21 |
  2. URL |
  3. コバ #-
  4. [ 編集 ]
深いですね。
HIROKIさん、こんばんは。

槙村先生の講義はいつも興味深い(長い)ですね(笑)。
ライブレポートは書くの楽しかったです。先週はまだちょっとふわふわしていたし、書きながら思い出したりして。
皆さんもきっと楽しみにして見てくれてるというのが支えになっていました。

vol.2、期待せずにお待ちくださいね。
  1. 2011/06/11(土) 01:12:44 |
  2. URL |
  3. ai #OaNbtvYE
  4. [ 編集 ]
MESSY講義受けてるみたい(笑)
槙村瞭さん、こんばんは。

コメントの長さ、最高記録(現在の記録保持者も槙村さん)を更新したのではないでしょうか。aiの本文より長いじゃないか(笑)。

海外事情も興味深いですが、日本のWAMに関しては、「槙村瞭」という人物がMESSYとWETとUNDERWATERを一緒に日本に紹介したから日本でも同一ジャンルでの扱いになった、というTwitterでの話題が、ai的にはとても興味深かったのです(笑)。

「MESSY講義」受けてるみたいで楽しく拝読しました。これからもいろいろ教えてくださいね。
  1. 2011/06/11(土) 01:07:24 |
  2. URL |
  3. ai #OaNbtvYE
  4. [ 編集 ]
コバ(ーン)←爆笑
コバ(ーン)さん、こんばんは。

↑これマジでウケました(笑)。ほんとにみんな駄洒落好きなんだから!

獅子座?Meat Puppet?Mudhoney?全部分かりませんでした、ごめんなさい(笑)。ニルヴァーナはピンポイントで好きなんです。

普段はおしゃれテイストで、たまに暴れるのが好きなので、こんな感じで満足してます。ストレスなんてゼロですよ~(笑)
でも確かに、フェチは本来とても個人的なものなので、主観も織り交ぜて皆さまとさらにディープなお話をするのも良いかもしれません。まあ、取り上げてる話題自体すでに主観だけど(笑)。

vol.2、期待せずにお待ちくださいませ。
  1. 2011/06/11(土) 00:59:46 |
  2. URL |
  3. ai #OaNbtvYE
  4. [ 編集 ]
ふ、深い
aiさんこんばんは。
ブログのコメントを見ていたら槙村さんからとってもマニアック、かつ興味深くとってもためになるお話が(笑)。
このコメントの後に流れを無視するようですが、とりあえず、ライブレポートお疲れ様でした/ありがとうございます。
clubwam! vol2の発行、忘れることは決してありませんが(笑)、首を長くして気長に(?)待っております。
  1. 2011/06/10(金) 22:28:27 |
  2. URL |
  3. HIROKI #-
  4. [ 編集 ]
Why UW in WAM
こんにちは。

Stay Messy showing it off stylishly!

Get Messy and get wild!

という話題にも興味津々ではありますが、Twitterで触れかけたことですし、歴史的な話からいきましょうか。

大量の水に浸る点で共通しているとは言え、本来Wetlookとは全く異なるセクシュアルファンタジーであるUnderwater(UW)がWAMと一括りにされているのは、Aqua Entertainmentを率いるMark Kelly氏の影響が大きいのだと、僕は考えています。Aqua EntertainmentはUW界隈では誰もが知っている老舗ですが、初期の代表作'Sloppy Sopping Submerged'では、「ヌルヌル、ビショビショ、ドボン」のタイトル通り、Wetlook、Messy、UWの各シーンを1本のビデオにオムニバス形式で収録していました。

雑誌SPLOSH!から始まった伝統と"Wet and Messy Fun"の名の通り、UW以外、つまりWetlookとMessyを同じビデオ作品に収録することは、90年代当時珍しいことではありませんでした。Buff Films、ArtsceneのSVシリーズ、およびMessy Funといった錚々たるレーベルにおいても、この戦略が取られていました。(余談ですが、Sexy Water JapanシリーズとMessy Art Japanシリーズとして、僕らがWetlookとMessyを最初から分離して発表したのは、実は画期的なことだったんです。)

ここへ、水という共通の素材を使った別ジャンルであるUWを加えてしまったのが、件のMark。さらに彼は、当時SPLOSH!やARTSCENEで活躍していたモデル達をフロリダまで招聘し、撮影を行っていました。これにより、混同に拍車がかかったのでしょう。

また、この「モデルが共用されていた」という事実、および、各社のWAM作品において、Wetlookの一環として「プールや川にどぼん」するシーンが散見されたこと、さらに、ArtsceneのWetlook専門レーベルであるWVシリーズ初期作品において、水中シーンが登場していたことにより、僕自身も同様の誤認を行っていました。1996年に最初のカタログを作った際、UWをWetlookの一派として紹介してしまったわけです。

では、何故MarkがWAMとUWを無理矢理繋ぎ、かつ、わざわざ遠いイギリスの地に住むモデルたちに大西洋を渡らせたのか? やはり、上記のような「どぼん」するシーンやArtsceneの水中シーンが彼の心の琴線に触れたのでしょう。彼は恐ろしくバイタイリティに溢れた男でしたから、自分のセクシュアルファンタジーであるUW作品を撮影するための労力は惜しまなかったはず。FAXで連絡を取り合っていた当時、そのパワフルさに若干辟易させられたのも、今となっては懐かしい思い出です。

一方、同じ米国南部、テキサスで活躍していたRob Blaine氏(Messy Fun)は、イギリスの人脈との関わりこそ強かったものの、Markとの関わりはゼロか、あっても薄かったようです。

なお、Aqua Entertainmentが制作したMessy作品やシーンのうち、パイ投げフェチのMike the Pieman氏が関わっているものはそこそこ楽しめたような記憶があります。ただ、Messyに滅法強いRobと組んだ、Neil Edwards氏(Piefightgirls.com)の方が面白い作品を作っていたような…。

WetlookとMessyも全く別物じゃないかという向きもあるかと思います。が、ここには明確な接点があります。両者を繋ぐのが「着衣派」と呼ばれる人たち。機会があればまたお話ししましょう。
  1. 2011/06/09(木) 16:41:09 |
  2. URL |
  3. 槙村 瞭 #iFS4Q/0Q
  4. [ 編集 ]
呼んだ?
ちなみに獅子座ですがなにか?
えっ呼んでない?
完全にフリだと思いましたが。
えっ違う?
失礼しました。

浅からぬ縁の
「Meat Puppet」「Mudhoney」
(綴りがあってることを切に願う)
直訳すると…
sm&messyになにやら関係が…
まあ、全部こじつけですが(笑)

クソくらえ(笑)
いいですねーパンクスですねー
何気にmessyにもなってるし(笑)

始めから、おしゃれテイストありきじゃなくても
いいんじゃないですかねー
人の目を気にせず、気兼ねせず、
主観をドンドン書いて欲しいですね。
フラットなスタンスで捉える必要がある時もありますが、
フェチって本来、個人個人のドロドロしたこだわりだと思いますしね。
(ちなみに私はドロドロ系のmessy好きです)
せっかく表現されてるんですから、
それでストレス溜めちゃったら
本末転倒かなと。

そんな感じのvol.2も楽しみにしております。
  1. 2011/06/09(木) 02:12:02 |
  2. URL |
  3. コバ(ーン) #-
  4. [ 編集 ]
見つからず。。。
わかめのぱぱ。さん、こんばんは。

ニルヴァーナの銀粉PV、YouTubeにはあがってないみたいです。レッチリはありましたが、イマイチ(笑)
カートの銀粉とか見てみたいっ。。。
  1. 2011/06/09(木) 00:26:53 |
  2. URL |
  3. ai #OaNbtvYE
  4. [ 編集 ]
ニルヴァーナ
ニルヴァーナにたしか銀粉のPVなかったっけ?
  1. 2011/06/08(水) 06:48:35 |
  2. URL |
  3. わかめのぱぱ。 #GaenHm5U
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。