FC2ブログ

スポンサーサイト スポンサー広告

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「Wet and Messy」なフリーペーパー「clubwam!」、大阪中崎町のnearly equal gallery/Guignolに置いていただきました 【freepaper】clubwam!

07.26.2012 Comment:0
「Wet and Messy」なフリーペーパー「clubwam!」、大阪中崎町にあるnearly equal gallery/Guignol(ギャラリー/雑貨店)に置いていただくことになりました。

nearly equal galleryには、一方的な縁があります。昨年、大阪で行われたある展示。Wet and Messyや拘束的なテイストが入ったその展示のクローズド・パフォーマンスを、東京にいたaiはUstreamで観ました。美しく、表現として成立していました。フェティッシュすぎて、Ustreamを最後まで観る事ができないほどでした。
それが、nearly equal galleryのオープニング・イベントでした。
隠れ家で、同志と楽しむ非日常。フェティシズムの楽しみ方とはそういうものだと思っていました。楽しいけれど、決して光は射さないものだと。
だけどそのパフォーマンスは、フェティシズムを表現として、他者と共有するものとして行われているように感じました。「ai」の活動をはじめてから、きっかけや転機は大小いろいろあったけれど、このパフォーマンスに出会ってから、願わくば、フェティシズムを日常に溶け込ませたい、と思うようになりました。

昨年は大阪も表現者たちも遠い存在だったけれど、少しずつ点が線となり縁となり、nearly equal galleryにたどりつきました。
たどりついたギャラリーはとても可愛らしい場所でした。1階はフランス買い付けの雑貨や作家さんのアクセサリーなどが買える雑貨店「Guignol」で、clubwam!はこちらの雑貨店に置いてもらっています。2階がギャラリー。一見(!?)乙女の夢のような空間ですが、オーナーのヤツタニタイゾウさんはこういうテイストも興味津々とのこと。お話していると「さりげない、日常的なシュール、フェティシズム」というあたりに共通のキーワードを感じました。ちょうど今行われている個展も、童話のようなかわいさの中にWet and MessyやSMっぽい要素が入った、とてもシュールな絵画展です→
いろいろと発信の可能性も考えられそうな素敵な居場所がまたひとつ、できました。

0726_01.jpg
0726_02.jpg

現在「clubwam!」を手に取っていただけるのは以下の9つの場所です。

中野ベース(中野/東京)
Night Gallery Cafe CROW(六本木/東京)
猫柳 Latex Gallery(難波/大阪)
salon 夕顔楼(難波/大阪)
Secret Bar H(天満/大阪)
BAR プリシラ(松屋町/大阪)
SMサークルopium(大阪)
nearly equal gallery/Guignol(中崎町/大阪)
画廊喫茶GIGI(北野/神戸)

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。