FC2ブログ

スポンサーサイト スポンサー広告

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ユニット展「for the eden」(大阪・cafe Anamune)レポート 【exhibition】clubwam!

10.27.2014 Comment:0
10/8(水)~26(日)、大阪・心斎橋アメ村のcafe Anamuneにて行っていた_underlineとのユニット展“for the eden”が終了しました。
展示にお越し下さった皆さま、誠にありがとうございました。

展示風景を少し。

1027_02.jpg
1027_04.jpg
1027_03.jpg

人体模型、ビーカーや点滴、車いすなど、医療グッズであふれる病院カフェに張り巡らされたゴム手袋。もともとの内装であるかのように、しっくりとそこに存在していました。
写真作品は_underlineと共同で制作したもの(被写体が私、写真が_underline)で、皮膚と被覆をテーマにそれぞれのフェティシズムを交差させました。
私個人では、フリーペーパーclubwam!バックナンバーと、展示にちなんで制作した特別編"clubgom!"を設置。

1027_05.jpg

_underlineのアイディアにより、展示期間中はゴム手袋をつけてお茶ができる仕様に。「ゴム手袋をはめる」というだけの行為ですが、空間にめぐらされたゴム手袋や、ゴム手袋をつけたお客さん同士がゆるく繋がり、不思議な感覚になります。楽園に繋がっていくことをテーマにした展示でしたが、今という現実もしっかり繋いでくれました。

1027_01.jpg

最後は少しだけゼンタイを着用しました。久しぶりでしたが、解放される感覚、ある種の自由を手に入れる感覚、自分があいまいになり他者との間隔が変化する感覚。投げっぱなしのパフォーマンスでしたが、大好きな感覚が一気に蘇り楽しいひとときでした。

最終日前日に数時間と、在廊が少なく申し訳ありませんでした。でも滞在した数時間はとても「リラックス」しました。時間を合わせて足を運んでくれた皆さま、ありがとうございました。

clubgom!特別号は大阪では猫柳ラテックスギャラリー、salon夕顔楼、フェチフェス大阪にて、東京ではNight Gallery Cafe CROWにて設置・配布予定です。よろしければお手に取ってみてください。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。