FC2ブログ

スポンサーサイト スポンサー広告

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MESSYな読書案内#01 下関マグロ「アブない人びと」 【etc】report・review

12.28.2010 Comment:0
1228.jpg

「WET&MESSY」を日本に広めたおひとりで、aiがMESSYという嗜好を知るきっかけになった人物が、下関マグロ氏。

テレビ番組のパイ投げやWAM画像を掲載したサイトが雑誌「smart」に紹介されていて、そのサイトを管理していたのがマグロ氏でした。(彼の配信しているメルマガ「パイ投げ通信」は遥か昔登録していて、一度解約、最近再登録。忘れた頃に届きます。)

彼がSMやフェチなどのアブノーマルな世界に浸る人たちを取材した「アブない人びと」という本があります。十数年前の本ですが、最近(といっても去年くらい)文庫が出たので、再読。
「変態のアブない人びと」という章に、「マヨネーズに興奮する人」というのがあり、WET&MESSYが紹介されています。取材のターゲットは、マヨネーズフェチの28歳サラリーマンK氏。K氏にとっての究極の夢プレイは「女性と裸になってマヨネーズにまみれること」。K氏はマグロ氏いわく「仰天のフェチ男」。となると、マヨネーズプレイは「仰天のフェチ男」の「究極の夢プレイ」ということに。。。まだマグロ氏が「パイ投げ倶楽部」の映像を制作していない、十数年前の文章なので、現在は氏もこのくらいのフェチには動じないのだろうとは思いますが、マヨプレイはぁ~、仰天のぉ~、究極のぉ~、夢ぇ~、なんだよぉ~~~(藤村D(水曜どうでしょう)風)。

WET&MESSYが紙媒体で紹介されているのはかなり珍しいと思います。風俗のひとつとして紙媒体の形でまとめるのはおもしろそうですが、物理的に残るのはやっぱりリスクが高い。
いつか跡形もなく消滅してしまうネットの世界に存在しているのが相応しいのかもしれません。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。