FC2ブログ

スポンサーサイト スポンサー広告

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MESSYな読書案内#02(for GIRLS) 内田春菊「ファンダメンタル」 【etc】report・review

01.08.2011 Comment:0
0108.jpg

今回は女子向けのMESSYな読書案内。「愛し合う男女を描いたらナンバー1のマンガ家(当時)」、内田春菊の短編マンガ集「ファンダメンタル」。

登場する男女は、恋人同士、体だけの関係、アブノーマルな関係、と関係性はさまざま。内田マンガ特有の(女性特有の?)ドライさはありますが、そこには必ず「愛」が存在していて、読んだあと、女に生まれてよかったなあとか、人間ってわるくないなあとか、そんなことを感じてしまいます。

「チョコレート」「ホワイトクリーム」というふたつの話があります。
タイトルで察しがつくかもしれませんが。。。「チョコレート」のほうは、バレンタインデーに、女の子が彼氏の。。。にチョコレートを塗って(チョコバー 笑)、食べるという話。「ホワイトクリーム」のほうは、ホワイトデーのお返しに、男の子が彼女のカラダに(男の子がホイップして手作りした)生クリームを塗ってなめるという話。
モチロンMESSYなプレイではなく、文字通り(?)スイートな雰囲気なのですが、読んだ当時高校生だったaiにはじゅうぶん刺激的でドキドキしていました。

ちなみに、このふたりは他にもSMとか、いろいろアブノーマルなプレイをする(特に女の子のほうが変わっている 笑)カップルという設定で、彼女のセリフで今でも覚えているものがあります。

こわいのは
相手から
何をされるかって
ことじゃない

あたしたち二人して
どこまで
知らないところへ
行っちゃうんだろうって
ことなんだわ

  ―ファンダメンタル(内田春菊)

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。