FC2ブログ

スポンサーサイト スポンサー広告

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MESSYな読書案内#05 鳥山仁・九瀬足波「本当に正しいフェティシズム 性的嗜好大事典」 【etc】report・review

03.16.2014 Comment:0
0316_03.jpg

3年ぶりの「MESSYな読書案内」シリーズは鳥山仁・九瀬足波著「本当に正しいフェティシズム 性的嗜好大事典」。フェティシズムをある程度網羅した紙媒体での「事典」は日本では現在唯一なのではないでしょうか。

「ウェットアンドメッシー」も、項が立てられていました。性癖というのはひとりひとりのものであり定義をするのは困難ですが、こうして名が与えられ、ある程度定義されることによって救われる部分もあると思います。ということを著者のひとり・九瀬氏も前文で触れています。前文より、少しだけ抜粋。『本書が自分の嗜好の定義が不明確であったり同じ嗜好のヒトが周囲にいないことで苦しんでいる人の助けになることを願ってやまない。』

0316_2014031617223033a.jpg

Wet and Messyに関する内容の紙媒体は相変わらず少ないです。90年代のもので手に入れたかったものは手元にやってきました。幻の雑誌?「WAM」は貴重な文献!

0316_02_201403161723007c4.jpg

あ、現在あるWAMの紙媒体といえばこれ、でしょうか。。。(小声 笑)。

メッシーバレンタインとパイちゃんのこと 【etc】report・review

02.14.2014 Comment:0
0214.jpg

特に何もないのですが、FC2ブログは一ヶ月以上更新しないとえげつない広告が出てしまうので(笑)、定期的に更新していこうと思います。

今日はバレンタイン。バレンタインといえば、チョコレートメッシー!毎年作ってる感じがしますが、ブライス人形のチョコレートメッシープレイを今年も。
チョコレートメッシーといえば、数年前のめちゃイケの「人間チョコレートファウンテン」が神企画。以前はYouTubeにあったけど削除されてしまったので、Messy Scenes on TV 関西版さんのリンクを拝借。

KTV「めちゃ2イケてるッ!」、2009年2月14日放送(HV)

それと「Messy Scenes on TV 関西版」を運営しているhimajinさんの新作ショートムービー「パイちゃん」が個人的にとても好きなのでここでもご紹介(同志の皆さまはすでにご存知と思いますが)。



「パイ投げ」自体をキャラクターにしてしまうという発想!こういうくだらなさ(褒め言葉です)、大好きです。メッシーは(少なくとも私にとっては)「フェチ」でありますが、こういうファニーなのがたまらなく好きです。

活動復帰する際には、パイちゃんのコスプレをしてみたいとひそかに思っています。。。(笑)

MIRAI presents「TheLoveSkin vol.4」が行われます! 【etc】report・review

10.15.2013 Comment:0
1015.jpg

11月23日(土)、大阪・難波にある味園ビル内にて、MIRAI presents「TheLoveSkin vol.4」が行われます!
詳細はMIRAIさんのブログへ→

フライヤーを制作させて頂きました。ゼンタイ&ガスマスクの素材としての被写体もやりました(photo by _underline,thanx!)。キャスト、ブース出展共素敵な方々ばかりが集まります。私は時期的に臨月間近のため、残念ながら遊びに行けなそうですが、お近くの方は、いやそうでない方も、この機会にぜひご参加下さい!

黒の妄想 【etc】report・review

08.29.2013 Comment:0


少し前にtwitterに書いたネタですが、ROTTENGRAFFTY「STAY REAL」のPV。3:00くらいから女の子が黒い液体にまみれていきます。前半も拘束衣を纏ったりしていてなかなかフェティッシュな映像です。


妄想をします。
妄想の中で私はステージにいます。何処かは分かりませんが、小さなスポットライトが当たる感じの。

先月の個展で、私が元々持っていた極彩色のドロドロした欲望をある程度昇華してしまったようで、今はモノクロのイメージに惹かれます。
で、黒。
黒の妄想をします。粘膜のような、ドロドロした、見たこともないくらい醜い黒い液体。
そういうのを、纏いたい。


今年に入ってから特に、個展やら新しいイベントやら、多くの方の力を借りながらも私自身の発信や表現として出来ることを模索してきました。今年から名前も、スタジオあるく!のモデルとして生まれた「ai」に苗字を付けて「コトニアイ」とし、今では殆ど「自分自身」と言える存在になっています。

反面、最近は何のために活動をしているのか分からなくなっていました。そもそも私は何故作り始めたのだろうと。それをふと思い出しました。私は私のパノラマ島を作りたかったのだと。刹那に消えゆくものを残したかったのだと。幻ではないと、皆と共有することで確かめたかったのだと。

何年先になるか分かりませんが、また、ステージをやりたい。
小さな小さな場所でもいいから。

きっと、絶対、MESSYLIVEは帰ってくる。

Messyをのほほんと楽しむ。 【etc】report・review

08.03.2013 Comment:0
おかげさまで体調が落ち着いてきたので、先週末・今週末とMessyの集まりに参加してきました。

先週は、神戸在住のMessy好きの方が企画してくださった飲み会に参加(もちろんノンアルコールでね!)。
飲み会を企画して下さった方は、去年行われた「MESSYLIVE2」に勇気を出して参加してくれて、そこからいろんなイベントに参加してくれたり、企画してくれたりするようになってくれた方。オンラインで出会い、今ではすっかりお友達、というのが素敵。
Messy好きの方々が、8名。うち女性3名。特に女性だからどうということもないのですが、これだけ活動してきても、女性の同志はやっぱりとても少ないのです。その中で、気軽に参加できる会を開いてくれる人がいて、性別関係なく参加できる状況になっているというのは、素敵な事だと思います。
飲み会はMessyのこと、その他いろんなお話で盛り上がり、あっという間に時間が立ちました。

今週は、大阪のサロン・ウィタセクストピアのスタッフの女の子の誕生会に参加しました。
彼女はMessy好き、ということでお客さんがプレゼントにMessy素材を持ってきて、くじ引きをして、当たった素材に顔を突っ込む、というイベントが催されました。Messyが好きな人も、知らずに来たお客さんも、みんな楽しそうに食材に顔を突っ込んでいました。ちなみに私はトマトソースと小麦粉溶液でした(何気に初体験の素材 笑)。
ハッピーバースデイの歌をみんなで歌って、バースディケーキに嬉しそうに顔を突っ込む彼女。ケーキ顔はほわほわ幸せそうでとても可愛かったのです。

自分が主催、または企画に携わっていないMessyのイベントに参加したのは初めてでしたが、すごく楽しかったです。
今までは何となく気負いがあったのですが、去年まで怒涛のイベントを経験して、個展も終えた今、何となく気が楽になって、自分が楽しめるものにはどんどん参加したいし、自分の楽しめるイベントを企画したいと思いました。

というわけで、懲りもせず来月、産休前(?)の最後のイベントをしようと思っています。

映画「ゼンタイ」予告編 【etc】report・review

05.23.2013 Comment:0
少し前から話題となっていた、樋口亮輔監督の映画「ゼンタイ」。YouTubeに予告編が公開されたのでさっそく見たのですが。。。(またしても)泣きました。感動して泣き、面白くて泣き、そしてこんなもんに感涙する自分の滑稽さに泣きました。



今日、嫌な事があった
明日も、嫌な事があるかもしれない

僕たちは、
ゼンタイで、
上っ面消して、
モノになって、
感覚になって、

それで少しだけ、自由になる


メジャーなところでこういうものが発信されるのがとても嬉しいです。メジャーに近づくということには個人個人の考えがあると思うので、あくまで私個人のことを言うと。。。私自身のことを誰かに説明するときに、「ちょっとこれ見てみてよ」と言えるかもしれない、と思うのです。自分自身のことを言ったり作ったものを見せたりするより、第三者が作ってくれたものを見せるほうが、説得力があるからです。
(splosh!の創始者であるビル・シプトンが、splosh!を「パートナーに自分の性癖を笑って話せるように」というコンセプトで創刊したのを思い出しました)

何はともあれ、公開が楽しみです。

Route 207 Revisitedさんの新作ショートフィルム「ありのままに」 【etc】report・review

04.13.2013 Comment:0
イベント等でご一緒させて頂いているRoute 207 Revisited・himajin監督の新作ショート・フィルムがYouTubeで公開されたので、早速拝見。


Short Film "ありのままに" on YOUTUBE

90秒で、泣きました。
こんなもので泣くなんて、滑稽で滑稽で、たまらない。

でも、
ただ、好きなだけだから
ほかに理由なんて、いらない。


何かに迷ったときの、救いになってくれるような気がします。

RubberでMessyなMeltingtights。 【etc】report・review

01.24.2013 Comment:0
ここのところいろんな柄やデザインのタイツやストッキングが流行っていますが、ついに「Messy」なタイツが発売。URB clothingというドイツのブランドの商品です。

November2.jpg

Messy Black and White Meltingtights

このタイツは商品名にちゃんと(?)「Messy」って入ってます。
ちなみにこのドロドロの正体は合成ゴム。ゴムでできたメッシーなタイツ。Rubber、Messy、Tights、と偶然?にも好きなフェティッシュがぎゅっと詰め込まれてる!しかもオシャレ。フェチはファッションじゃないって以前に書きましたが、このかわいさには、降伏せざるをえません…。

だいぶ話題になっているので、日本でも発売しないかな?(ネットでは現在でも購入可能です)

JAPAN MESSY ILLUSTRATORさんの新作WAM映像作品。 【etc】report・review

01.19.2013 Comment:0
0119_01.jpg

JAPAN MESSY ILLUSTRATORさんからWet and Messyの新作映像が発売されました。

2作目となる今回は「顔」を素材でコーティングすることにこだわった「顔汚し」という作品。特に印象的だったのが食材のシーンです。スイーツに囲まれた女の子が自らそれにまみれていくゆるやかな狂気。まさに「食とエロス」っていう感じ。
やまと監督曰く「モデルさんに自由にやってもらった」とのこと。何だか好きだなと感じた理由は、その自由さにあるような気がします。

WAMをテーマにしたイラストサイトとして立ち上がったJAPAN MESSY ILLUSTRATORさん。(ギャラリーにはaiをモチーフにしてくれたイラストもあったりします(笑)→)イラスト作品を発表しつつ、映像も製作しているというのが新しい。
若き監督。ゆるりと応援しているのです。

赤の妄想 【etc】report・review

01.11.2013 Comment:0
赤いです。



黒木渚さんというミュージシャンの「あたしの心臓あげる」。真っ赤なペンキにまみれて歌う。歌詞もサウンドもすごく好みでヘヴィロテ中。

白いペンキは被っても被っても汚れない(という感覚はすでにおかしいのかもしれないけど)。
黄や緑や青も、バラエティでスラップスティックで汚れるという感じはしない。

でも単色の赤とか黒は、すごいパワーがある。
とても惹かれます。ただ強く惹かれる。

美しくなりたいのか。
醜くなりたいのか。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。